ゴルフスイングトップイメージ

ゴルフのルールとマナー

 

このサイトでは、ゴルフスイングの基本的なところからスタートします。更に、詳しい情報をお探しの方は、「ゴルフスイングの基本・最前線」をご覧下さい。

 

ティーグラウンド


ティーグラウンドでは、他のプレーヤーが打つときには邪魔にならないエリアに移動して、静かに見守る姿勢が大切なマナーです。始めたばかりのゴルファーは、事情もわからないのでティーグラウンドで自分の立つポジションが理解できず、あちこを歩き回ることがよく見受けられます。ゴルフマナーの第1歩としては他人のドライバーショットでは大声を出したり、素振りしたりせず、静かにすることが必要です。

 

プレー中の人のプレー線の真後ろに立ったり、斜め前方など視野に入るエリアに立つことは明らかなマナー違反となります。基本としては自分の順番がくるまでは、急がずにティグラウンドに上がらないように注意しましょう。

 

ティを刺すのは決められたエリア内であり、スタンスがティーグラウンドから出てもルール違反にはなりません。ティーグラウンドの前側から打とうとすると区域外で構えてしまう失敗が多いので、ティマーカーの位置を確認してから打つ場所を決定しましょう。そして、ティーグラウンドから降りるときは入り口から降りるクセをつけましょう。

 

フェアウェイ


フェアウェイでは、ショットした後に芝が取れた跡には必ず目土をかけておく習慣を身につけるようにしましょう。

 

ティーショットを終えて、フェアウエイ周辺にプレーする場所が移動したときは、セカンドショット以降に向かうときに使用する予定のあるクラブを何本か持ち、足早に移動しましょう。また、ショットした後は削れた芝(ターフと呼びます)を元の状態に戻して、ディボット跡に目土(砂)を入れて平らにしておきましょう。この2つに注意するだけでも、先輩のプレーヤーから好感を持たれるでしょう。

 

ボールを池に打ち込んだ場合は、規定の場所でドロップすることになっています。黄色杭のウォーターハザードと、赤杭のラテラル・ウォーターハザードではドロップできる場所に違いがありますが、基本的なドロップの方法はボールを肩の高さで持ち、ボールを真下に落とすことになっています。ボールがハザード内を最後に横切った場所よも、ホールに近づかないことがルールです。

 

グリーンとバンカー


バンカーの砂はショットした後に必ずならしておき、グリーンに上がったら芝を傷つけないように注意しましょう。

 

バンカーショットする場合は、バンカーの1番低くなっている場所から入るのがマナーです。アドレスする時には、サンドウェッジのクラブヘッドが砂に触れないように気をつけましょう。ルール違反になります。

 

バンカーショットを終えたら、レーキを使用してきれいに砂をならしておきましょう。上手なレーキ使いのコツとしては、最初に手前側に砂をかき集めて、最後にバンカーの中心側に向かって押すと良いでしょう。

 

グリーンの上では、スパイクを引きずるように歩いて芝を傷めたり、他人のラインを踏んだり、他のプレーヤーの邪魔になる場所に立ったりするのは良くありません。

 

また、ボールマークを修復する習慣を身につけておくことも必要です。グリーンフォークで凹んだ穴を持ち上げると芝の根が切れてしまいます。そのため、穴の周囲から中心に芝を集めるようにして、最後にヘッドを軽く上から押すのが正しい修復方法です。